これからガールズバーで働こうかどうかを悩んでいる女の子にとって一番気になるのは、やはりガールズバーで働くことのリスクでしょう。

ナイトワークをしたことのない子にとって、このお仕事はやっぱり特殊で、未知な部分が多くありますよね。

お店で働く中で思わぬトラブルに巻き込まれてしまうかも、と考えすぎてしまうところも出てくると思います。

さて、では実際に働いている女の子は、現場でどのようなことに困っているのでしょうか。

セクハラを受けたら、必ず店に相談しよう

ガールズバーで働いていて困ったこととして一番多く声が挙がるのが「セクハラ」です。

これはもうお酒を飲んでいる男性と接する以上、避けては通れない部分がありますね。

もちろんガールズバーとしては女性の働くモチベーションが低下してしまうようなことは何としても避けたいので、しつこいくらいにおさわり禁止、連絡先交換禁止、セクハラ発言禁止等の呼びかけをしている店が多いです。

それでも、ガールズバーに来店する男性の中には、自分はそんなルールの中でも女の子にとって特別になれるとひどい勘違いをしている人がいます。

そんな迷惑客にある程度当たってしまうことは、しっかりとお給料をもらっていることの代償だと思って、我慢しなければいけないかもしれません。

とはいえ、度が過ぎるような行為はもちろんご法度。

お店の方に伝えればしっかりと守ってもらえますので、そのあたりは安心です。

決してセクハラを恥ずかしがって自分の心の中に留めてしまわず、耐えられないセクハラを受けた時には絶対に店に報告しましょう。

生活習慣が乱れたら、きちんと自制して休もう

その他にガールズバーで働くことで困ることとしては、お仕事で着用する服装に毎回悩む、といった声が挙がる他、生活サイクルの乱れ、二日酔い等が多く聞かれます。

まず、服装の悩みは頑張りましょうとしか言いようがありません。

お客様の目に魅力的に映る女性になる努力をすることもまた、ガールズバーで働く女の子の仕事なのです。

ガールズバーで働く先輩のコーディネート等を参考にして、稼いだ給料で適切な服装を用意しましょう。

生活サイクルの乱れや二日酔いに関しては、ガールズバーの仕事に慣れない内は、本当に辛いと思います。

とは言っても、ガールズバーの営業時間や業態を変えてしまう訳にはいかないので、ある程度は許容するしかありません。

そこで大切になるのは、体を壊す前にきちんと休むということです。

お店からもっとシフト入ってと言われるかもしれませんが、それで体を壊すのはお店ではなく貴女です。

休みの日には遊ぶのも良いですが、自分の体と相談して、きちんと疲れをとっておきましょう。

  • 1